65952351
- お知らせ -
ファントークライブ(要ログイン)

巨人担当記者「最下位は球団史上、1度しかない屈辱」「(原監督は)7年前のように自ら身を引いても不思議ではない」慶大OB球界関係者「何かあれば、ヨシノブに出て行く準備はできている」

LINEで送る 9コメント

 プロ野球のシーズン大詰めを迎えても、巨人が最下位圏内から抜け出せていない。原辰徳監督(64)は来季が3年契約の2年目。最下位以外が「無条件続投」とみられるだけに、去就は依然、予断を許さない。そして、ここに来て次期監督候補に、さる人選が取り沙汰されている。

 2016~18年に指揮を執った高橋由伸前監督(47)である。

最下位が確定すれば(中略)18年オフに球団が三顧の礼で迎え、19年から2年連続リーグ優勝に導いた経緯を踏まえると、解任はなくとも辞任はあり得る。

(中略)

「最下位は球団史上、1度しかない屈辱。原監督は現役時代を通じ、経験したことがない。7年前のように自ら身を引いても不思議ではない」(巨人担当記者)

(中略)

。同氏と同じ慶応大学OBの球界関係者はこう語る。

「何かあれば、ヨシノブに出て行く準備はできている」

巨人はヨシノブ監督に負い目がある

 高橋氏は、原監督が退任した15年、球団の監督就任要請を受けると、現役続行を断念し、40歳の若さで就任

(中略)

退任直後に早くも再登板に意欲

 一方、高橋氏もかねて「負けて終わってしまった。負けたままでは終わりたくない」と監督復帰への意欲を口に

(中略)

阿部コーチは1軍のコーチである以上、今の低迷と無関係というわけにはいかない。もちろん監督の目が消えたわけではない。ヨシノブより年下だから、同じように一度チームの外に出て、その後になっても遅くはない」(元NPB球団監督)

 ならば桑田真澄投手チーフコーチ(54)と元木大介ヘッド・・・・・




B018JVFMVS


みんなのコメント
9コメント views
  1. 阪神と巨人は大変やね

  2. 未だ囚われてるのか。ヨシノブ。
    囚われ続けるプリンス。

  3. 最下位は1度だけなのか
    慣れてないファンの思いや如何に

  4. 尻拭いを高橋に押し付けんのはやめたげてよ

  5. よしのぶも原に振り回されて気の毒やな

  6. FAの選手根こそぎ持っていくんだろう。来年に向けて見境なくても良いとか凄い事言い始めてたからな〜
    仮にそれなりの選手をとっても外されて出される選手はたまったもんじゃないよな

  7. どこともお家の事情は大変ですね😐

  8. 原さんあと2年契約残っとるやろ

  9. 前登板、昨夜とワイルドピッチ、また
    いつもの藤浪投手が戻って来た感

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298