315469863
- お知らせ -

ファントークライブ(要ログイン)

矢野監督「(退任発表したことで)選手と向き合う時も、今までなら“今じゃなくてもいいのかな”と思う時もあったけど、このキャンプからは自分の中で思ったことはちゃんと伝えていきたいと思った」

LINEで送る 1件のコメント

 今季限りでの退任を公表してラストシーズンに挑む阪神・矢野燿大監督(53)が開幕前に本紙の独占インタビューに応えた。昨季は前半戦で首位を走りながら悔しい2位。

(中略)

 ――監督として“最後の日”はどんな形で迎えたい。
 「それはイメージしている。日本一のチャンピオンフラッグを持った選手たちが、歩いて球場を一周するやん。それを俺が一番後ろで見ながら。泣いて喜んでいるファンとか、そういう人たちに選手がうれしそうにフラッグを持ってね、スタンドに手を振りながら…という景色をずっと想像している。それが俺が見たかった景色。いつも想像しているよ」・・・・・




 ――1月31日の退任発表からどんな気持ちで過ごしてきたか。
 「いろんな時に思うよ。キャンプ前日に伝えて、キャンプインの時も来年の2月1日はユニホーム着ていないなと思った。取材を受けても、来年はないやろなと。選手にこうやって話することもないんや、宜野座のあいさつも最後か…と。一回一回ね。選手と向き合う時も、今までなら“今じゃなくてもいいのかな”と思う時もあったけど、このキャンプからは自分の中で思ったことはちゃんと伝えていきたいと思った

 (続けて)

 「辞めるという決断を発表すると決めた時から・・・・・



独占インタビューでした



4062169185

みんなのコメント
1コメント views
  1. どんなときも応援致します🙋 有終の美を飾ってください😄

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298