66009799
- お知らせ -
ファントークライブ(要ログイン)

【後半戦解剖】セ・リーグ6球団「浮上するためのポイント」は?【週刊ベースボールONLINE】

LINEで送る 5コメント

開幕から主に四番を務める大山悠輔が後半戦もその座を担う。主将と主砲という重圧の中、ケガや不振でなかなか本来の姿が見られなかった。10本塁打は放ったが、打率.245は少し寂しい。さらに得点圏打率.213は四番としては物足りない。周りを固める三番・マルテが得点圏打率.338、サンズも.333。それにチーム2冠(20本塁打、52打点)の佐藤輝明が前半戦の打線を支えた。後半戦に入って大山がこの3人のような活躍ができれば・・・・・



B07NBJCJP1

大山がんばれ!

みんなのコメント
5コメント views
  1. やらなしゃーないな

  2. 頼むで4番

  3. 投打のキャプテン頼むで

  4. 頑張ってね!大山!

  5. 我が阪神は
    先発ローテをしっかり守り、連敗しないことだ!
    貯金があるから優勝できる。
    それと対巨人には絶対勝ち越すこと。
    今年優勝しないと来期以降は、ヤクルト・広島・DeNAが怖いよ

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298