750845686
- お知らせ -
ファントークライブ(要ログイン)

元阪神エース・仲田さん、離婚&評論家クビ→酒に逃げる日々も いまは建設現場で監督として“復活”

LINEで送る 12コメント

亀山・新庄ブームに沸いた1992年の阪神タイガース。そのチームでエースとして勝ち頭の14勝を挙げたマイク仲田こと、仲田幸司さん(56)は現在、タテジマのユニホームから作業服に着替え建築の世界で活躍している。

「死亡説」や「ガンで入院説」の怪情報も

 現職に就いたのは2010年のことだ。先輩でありミスタータイガースの掛布雅之(ハンシンレジェンドテラー・以下HLT)氏のマネジャーも務めたことのある西浦丈夫さんの経営する建設会社、山河企画に入社。1997年の引退後は野球評論家となるも2006年頃には定職を失い、ご縁に助けられた形だった。

 当時の仲田さんの状況は最悪だった。所属事務所と評論家を務めていた放送局との関係は悪化。仕事が減少していたところに、離婚も重なり愛娘たちと会えない寂しい生活が続いた。

 「あの頃はメシも喉を通らなかったですね。正直、酒に明け暮れてました。ヤケになってましたね。あの頃のお酒は楽しくワイワイやって、家に帰ってバタンキューではない。悪い方に色んなことを考えてしまって、いい酒じゃなかった。次の日に残る酒。そのまた次の日もまた次の日も。メシも食われへんから、どんどん痩せていくしね」

 当時、一部の関係者の間では「マイク仲田死亡説」や「ガンで入院説」・・・・・






仲田幸司さんインタビュー – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=WA4sX-dvTMY

B084M3NFYF

みんなのコメント
12コメント views
  1. 仲田さんムッチャ、ファンでした!カッコ良かった。今でも応援してます

  2. 仲田さんムッチャ、ファンでした。カッコ良かった!今も応援しています

  3. 仲田さんカッコ良かった!

  4. 仲田さんカッコ良かった!ファンでした

  5. 何回もわかったさかいに!マイク懐かしの〜

  6. 仲田幸司さんの言葉で思い出すのは

    「現役の最後の2年は、ロッテに行ったけれど
    2軍暮らしばかりだった

    そのロッテの2軍の待遇が酷く
    施設は老朽化、道具など全部自費

    阪神での待遇がかなり良かったと、本当に分かった!!」

    1996年当時、セリーグとパリーグの格差が
    まだ、かなり有った

  7. 俺にとっては真弓の次にヒーロー的存在だったなぁ

  8. 懐かしいですね〜マイク仲田君
    現役時代応援していました
    まだまだ50代半ば、元気で暮らしていて欲しいです

  9. 阪神のままで引退してたら、今でも阪神関連で仕事あったやろな
    阪神のこと悪くいう奴おるけど、そういうところも阪神の強みや

  10. 仲田さん、建設関係のお仕事されてるんですね。
    野球とは全く違うお仕事で大変だったでしょうね。

  11. こんな厳しい時代に、スゴく元気や勇気をもらえる話やね
    昔、覚醒を待って必死に応援してた選手だけに、めっちゃうれしく安心した

  12. マイクのカーブは今中の次にいいカーブやっな。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298