919823709
- お知らせ -
20:00~熱血タイガース党
ゲスト近本 VTR村上頌樹
ファントークライブ(要ログイン)

真弓明信、近本を分析「3割を打てるバッターの特長」「打撃フォームは、完成の域にある。」

LINEで送る 9コメント

阪神元監督で日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(67)が好評企画「解体新書」で阪神近本光司外野手(26)の打撃フォームを分析した。今季は開幕当初の不振から脱却し、ルーキーイヤーを上回る打率2割9分3厘の成績を残した。真弓氏は始動の際のグリップ位置と右膝の使い方を高く評価。生え抜き選手では

(中略)

始動から見てみよう。近本の特長は、グリップの位置にある。

(中略)

もう1つ、彼が素晴らしいのは、下半身の使い方だ。

(中略)

打った後の右膝が伸びない。粘ってボールをとらえにいった跡が残っている。これがシーズンを通し、3割を打てるバッターの特長だ。

右膝がいわゆる「壁」になり、体が開かずに速いボールに対応できる。遅いボールでタイミングを外されても、この膝が柔軟に動くことでボールを拾いにいける。右膝の使い方が非常にうまい選手だ。

開幕時の不調については、あくまで推測ではあるが、体の上下のバランスに狂いがあったのではないか。オフの間のトレーニングで、上体に力がついてくると、打撃では上体が勝ち過ぎて、下半身が動かなくなり、バランスが崩れることがある。そこから

(中略)

打撃フォームは、完成の域にある。(中略)打率3割5分は夢ではない・・・・・



完成の域!




B08LKLP2HP

みんなのコメント
9コメント views
  1. 実際前半こそ苦しんだけど後半の打率は凄かったんじゃない?
    スタートダッシュに成功すれば3割2桁HRは余裕でこなせそう

    • 当時は「2年目のジンクスかぁ~」で諦めてたけど今思うとクソもったいないな
      あそこをマトモに乗り切ってれば3割余裕やった
      来年に期待

      • 本人曰く、シーズン前から取り組んでたことがこりゃダメだってなり昨年のスタイルに戻して良くなったらしい

      • 早く気づいて直せるのがすごい

    • いうて、調子の波は確実にあるからどれだけ小さくできるか
      これに関してはとても難しいのよな
      誰も言わないだけでシーズン中常に身体の張りやら怪我もあるだけに

  2. 短縮シーズン甲子園でこれくらい打てるの素晴らしいもんね
    真弓の言った打率になったらWARが柳田超えもあり得る

  3. 近本はホンマにきれいな打撃フォームしとるわ

  4. トリプルスリー狙える選手になってくんないかな

  5. YouTubeで大山、近本、佐藤輝明のフォームの解析動画を見たけど、素晴らしい着眼点だった。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298