317242457
- お知らせ -
ファントークライブ

桧山進次郎「ボーアの打ち方が変化している」

LINEで送る 3コメント

阪神にとっての明るい材料は、4番ボーアが2戦連続で本塁打

(中略)

キャンプから見ていたボーアは、もっと大振りする印象が強かった。しかし、この日の広島戦での打撃は、非常にコンパクトな振りになっていました。それが大きく変わった点です。

2回の右越え二塁打は広島九里のカウント2-2から、6回のバックスクリーン左へのスタンドインは一岡の3-2からの一発でした。いずれも追い込まれた後の長打です。

では、なぜボーアの打撃がコンパクトになったのか。1つは、2打席とも

(中略)

逆に、もう一人の新外国人サンズの方が大振りになっている。もともと広角打法が売りだったのに・・・・・









【ハイライト】練習試合 6月3日(水) 阪神vs広島(甲子園)| 先発ガンケルが4回無失点!打線はボーア・福留・江越の一発などで10得点の猛攻! – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=OH71rLIqywc

みんなのコメント
3コメント views
  1. このまま不動の4番になってほしい

  2. ブラゼルみたいな打ち方やったな

    • 2代目ワダゼル襲名していいでっか⁉️

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298