65976398
- お知らせ -
ファントークライブ

谷繁元信「今季は誰が2番にはまるかが、打線のカギ」

LINEで送る 4コメント

2番にどういう打者を置くか。監督の野球観によるし、正解も不正解もない。メジャーのトレンドで強打者を据え、長打力に期待する野球に日本も変わりつつある。巨人も昨季は坂本が3割、40本塁打を放ち、優勝に導いた。だが坂本は足も速くて併殺打が少なく、選球眼があり出塁率が高い。だから2番でも順応して打線全体として機能した。

守る捕手からすれば、バントをして8~9割の確率で得点圏に走者を進められてクリーンアップを迎える方が、打っても3割の確率に対するより嫌なもの。見ている方は古い戦術に感じるだろうが、グラウンド上ではプレッシャーを感じる。

(中略)

ただ強いチームにはいい2番がいる。3年連続日本一のソフトバンクには今宮、18年まで3連覇した広島も菊池涼はバント、ケースに応じた打撃もでき、長打も持ち合わせている。開幕前で阪神が近本、中日が高橋、ヤクルトが山田哲と2番を試している。今季は誰が2番にはまるかが、打線のカギ・・・・・



近本がんばれ!


EPOCH 2019 NPB プロ野球カード■レギュラーカード■427/近本光司/阪神 ≪エポック 2019 NPB プロ野球カード≫

みんなのコメント
4コメント views
  1. タイガースに関しては近本の2番はほぼ確定。
    それより、1、3番に誰を据えるかが問題。

  2. 背番号なら…。。

  3. マスクドパープルの谷繁さん
    楽しそうだった

  4. 同じキャッチャー目線。繋ぎができる足の早いバッターを2番に据えたい。今年の近本は本当に楽しみ!

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298