387253487
- お知らせ -
ファントークライブ

近本の大学4年、野手転向から1年足らずでベストナイン「卒業したら就職するつもりだったから、関学に入った」社会人2年で首位打者

LINEで送る 13コメント


怪我、野手転向、ベストナイン、また怪我から社会人野球に進み首位打者&MVP…

近本選手の軌跡が本人のコメント付きで読める4記事です。
本人の野球観・人生観がよくわかる記事です。

是非読んでみてください☆


「自分ではピッチャーはあまり好きじゃなかったんです。小学校のときに『左利きやから投げろ』って言われて投げてたんですけど、全然楽しくなかったんですよね。

(中略)

高校ではピッチャーと外野手を兼任したが、甲子園には届かなかった。高校の先輩がいたこともあってスポーツ推薦で関学へ。「僕、プロは全然意識してなかったんで、就職ってことを考えたら関学が一番なんで」とキッパリ。大学卒業後は金融や保険、商社への就職をイメージしていたという。

法学部生になったばかりのころは、野球よりも勉強のほうが気がかりだった。「入学したときに『この中から2割は卒業できません』と言われるぐらい勉強が厳しかったんで、卒業できればいいなって感じてましたね」と笑う。・・・・・




関学での野球生活は、初めは輝かしいものではなかった。1回生の6月に投げ込みすぎて右肘(ひじ)を痛めた。ずっと肘をかばっていたことで、肩まで痛くなってしまった。けがが続いて、練習は走り込みばかり。退屈

(中略)

近本自身が「自主練は好きだけど、全体練は嫌い」と言うほどだ。科学的に効果も実証されている加圧トレーニングや、プライオメトリックトレーニング(中略)「自主練の影響は大きかったと思います。植松が変わってるのもあって、変わったメニューが多かったですね。いまでも(当時の)トレーニングをやりたいと思うことはあります

(中略)

打率3割7分9厘で初のベストナインに選ばれた。目標の17盗塁は超えられなかったが(注:2019年秋のシーズンまで塗り替えられていない)、10盗塁をマークした。秋には相手が警戒を強め、「近本シフト」が敷かれた。野手転向から1年足らずでのベストナインは快挙だ。・・・・・





しかし、最後までけががつきまとう。近畿大との1回戦があった16年10月4日。右腕にデッドボールを受け、尺骨を折った。そこから戦列復帰を目指して必死にリハビリに取り組んだ。「純粋に『野球やりたい』っていうだけでしたね。復活とか、もう一回ベストナインとかいう気持ちはなかったです。けがもじん帯とかそっちの方がややこしいって思ったんで、骨折でよかった、これぐらいで済んだなと思いましたね」。結局、近本はそのあと2度と関学のユニホームを着て打席に立つことはなかった。

(中略)

「野球は好きなんですよ。僕は俯瞰的すぎる部分が多いんですかね?」・・・・・




そんな近本がはっきりとプロ入りを意識したのは、社会人野球の名門である大阪ガスでプレーして2年目の2018年だった。4月のJABA岡山大会で、5試合で3本塁打を放った。7月の都市対抗で5割2分4厘の高打率をマークして首位打者となり、最優秀選手賞(MVP)にあたる橋戸賞に輝く。大阪ガスの初優勝に大きく貢献した。「勝負してええかな、って考えになりました」と近本。一気に注目を集め、評価も高まり、プロへの扉が開かれた。同年秋のドラフト会議。地元球団の阪神タイガースから1位指名を受けた。

(中略)ドラフト1位でタイガースというすごい球団に入れたのは、すごくよかったです。メディアを使ってうまく自分を表現したり、アピールしたりできるんで、そういった意味でドラフト1位というのはいいと思います」。自分の立ち位置を独特の言い回しで表現した。

(中略)

「こんだけ毎日、試合があることも想像できなかったですし、しんどいことも想像できなかった。こういう結果が出ることも想像できなかったですね」。1年目を振り返って、こう語った。

プロ野球でよく使われる「2年目のジンクス」という言葉も、自然体で受け止めている。「1年目はたまたま大きい壁がなかったということ。だから『2年目……』とは言われると思います。いつかは壁が来る・・・・・


みんなのコメント
13コメント views
  1. チカちゃん何でも出来るスーパーマンだね!

  2. 同じ野手転向なのに人生がワイと違ってて面白い!

  3. 今年も、打って、走ってよ!
    期待してます。

    頑張れ!
    近本くん?

  4. 人生いろいろ

    • 会社もいろいろ

  5. ドラフト当時、近本のプロ入りは大阪ガス野球部だけでなく会社としても嬉しい反面、惜しいとコメント出てたね
    社会人としても認められていた近本様

    • 大阪ガスといえば
      能見さんもプロ入りがもったいないくらい優秀な人材だったとか

      • 大阪ガスさすガッス!

      • 言われてもうた

  6. 良い記事を読ませて貰った
    何というか、いい意味で芯を持ってる印象を受けた。その上でストイックさと冷静さを持っていて、どことなく鳥谷っぽく感じた。

    • 解る。
      鳥とはどことなく似てる気がする
      いずれ背番号1を着けてキャプテンになっても違和感ないかも

  7. 今から先、決して活躍し続けるとは限らないですが、ご自分の経験を生かして将来は指導者になって欲しいです。良い記事を読ませて頂きありがとうございました。

  8. 近本くん、ボーア選手のことは「ボーアさん」、サンズ選手のことは「サンちゃん」呼びしてるのね~(近本くんのTwitterにて)

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298