65914901
- お知らせ -
ファントークライブ

藤井彰人バッテリーC「ドラ1やドラ2で入ってきたスーパーエリートじゃない。そもそも見てもらえてないんやで。『見てもらう』という土俵にも立ててないんやから。それが現実や」

LINEで送る 9コメント

 そんな手応えをもって、11月の秋季キャンプに向かった。春のキャンプとは違い、初めて1軍首脳陣のもとでやるキャンプだ。

(中略)

でも、そうなれば力むし、普段ではない自分が出てくる」。

 そんなとき、助け舟を出してくれたのが藤井彰人バッテリーコーチだった。かつて福井で“捕手のイロハ”を教わったのが、タイガースから派遣されてきた藤井コーチだった。性格、長所短所すべて理解してくれている。

 「お前のよさはどこなん?」から始まり、「ドラ1やドラ2で入ってきたスーパーエリートじゃない。そもそも見てもらえてないんやで。『見てもらう』という土俵にも立ててないんやから。それが現実や」と辛辣な言葉を突きつけられた。

 続けて「まずは振り向いてもらうこと。『片山を見たいな』って思わせるような立ち居振る舞いをせなあかん。もっと自分らしさ、自分の長所をアピールしていかなあかんやろ」と、こんこんと説いてくれた。

 「たとえばランメニューでも、ただ走って“なんとなくやりました”じゃなくて、常に1番で帰ってきて、『あいつ、いつも1番やな』って思わせる。そこでようやく『片山ちょっと見てみよか』となる。見てもらって、『あぁ、思いのほかいいんじゃないか』って評価されるようにしていかないと、お前の未来は開けていかない

(中略)

 さらに新任の井上一樹打撃コーチも「いじり倒して」くれたおかげで、ようやく安心して素の自分で頑張ることができた。

 人並はずれたスタミナもアピールできたし、矢野燿大監督からも打球の質など打撃を認められ、「一応は

(中略)

どんなピッチャーでも間合いを合わせられるようにって、上本(博紀)さんや糸原(健斗)さんを参考にさせてもらって試した」。

 体軸はブレないようにして、軽く足踏み

(中略)

 「台湾に行って本当によかった…」・・・・・



片山雄哉選手の這い上がりへの努力が見える記事です
ぜひ読んでみてください(*^^*)




プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書)


みんなのコメント
9コメント views
  1. さすが男前 言うことが違う

    • ふじいさん、てきす?

  2. 春に結果出して支配下になって秋に笑おう!

    • 去年支配下登録されたんやけど…

  3. 頑張れ片山くん!

  4. いい記事だ~。片山を応援したくなるな~。頑張れ!!!

  5. 軽く足踏みな
    ジタバタちゃうで

  6. 愛弟子なんや!

  7. 厳しい世界だね。
    会社勤めでも、それくらいの意識でやらないといけないかな。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298