598524721
- お知らせ -
ファントークライブ

矢野監督、捕手目線の頭脳派采配。配球読んだ盗塁に2人同時サイン

LINEで送る 4コメント

矢野監督と清水ヘッドコーチが並び立って2人が同時に胸やら耳やらを手で触ってサインを出している。通常はヘッド格のコーチが監督の横に寄り添ってサインを伝達する。時々、監督自ら出す場合もあるが、だいたい1人だ。2人同時サインは、あまり目にしない。影武者かと思ってしまう。

阪神側から事情を聴くと「ベンチから情報が分かってしまうことも多い。どちらがサインを出しているか分からない」とのことだがそれも本当か分からない。指揮官の発案だという。手の内

(中略)

矢野野球は、なんだか不気味だ。敵も警戒を強め、ヤクルトの司令塔、中村も「スキがあれば、どんどん走ってくる。矢野監督らしいと思いました」と印象を口にした。象徴的な場面がある。30日の5回裏は阪神1点リードで1死一塁。投手の岩貞が2度、石川のスライダーにファウルの送りバント失敗。3球目だ。またもスライダーに一塁走者糸原が二盗敢行。岩貞も外し気味の外角球をボールと見極め、バントの構えからバットを引く。中村が送球するが、セーフになった。

あの打席も清水コーチと同時にサインを出していた矢野監督は「内緒にさせてください」と意図を明かさなかった。ヤクルト側は推し量る。敵陣関係者は「あれは奇襲というより、配球を読んだ上で攻めてきていた。変化球ファウル、変化球ファウル。次もバントで来るか、打ってくるか分からない。不用意に直球を投げられない」と話した。

ポイントの3球目。阪神は速球が来ないと読み切っていただろう。<1>岩貞は変化球に合わせられない<2>石川の速球は130キロ前後だから、とらえられるリスクが大きく投げないはず<3>変化球なら・・・・・




猛虎の要 矢野燿大 背番号39の輝ける軌跡 [DVD]

みんなのコメント
4コメント views
  1. 確かに2人並んでサイン出しててびっくりした
    でも矢野監督の采配、好きです🙂

  2. 「何をやってくるかわからない」と思わせるのはとても重要ですな。
    もちろん、そんなことしなくても圧勝できるのなら、話は別なんだけども。

    ここまでの采配は、盗塁死も含めて好感を持って見ています。

  3. 緻密な野球!
    いいですな!

  4. 近本を一番にして2番糸原 木浪は8番へ
    調子が上がるまでは待つしかない

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
1788685775