65760209
- お知らせ -
ファントークライブ

虎助っ投、ドミニカ共和国で入団テスト 球団幹部「獲るなら支配下」【サンスポ】

LINEで送る 8コメント

 阪神が新外国人投手獲得に向け、ドミニカ共和国で入団テストを済ませたことが6日、明らかになった。

 すでに渉外担当者がゴメスの来日手続きのために同国に赴いており、球団幹部は「(1次)テストは終えた。仮に獲るとすれば支配下(選手)で、と考えている」と明かした。

 チームはマートン、ゴメス、メッセンジャー、呉昇桓と外国人枠「4」が埋まっているが、危機管理上、5、6人目の助っ人を探している。

 今後、現地から報告を受けた中村GMらが、現場などとビデオチェックなどを重ねて、合否を決める見通し。選手のレベル次第では獲得を見送る可能性も十分ある。

引用元 虎助っ投、ドミニカ共和国で入団テスト 球団幹部「獲るなら支配下」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

2015-0207-900

支配下!

みんなのコメント
8コメント views
  1. 去年の感じだと4人活躍したから無理だけど、あるとしたらマートンの怪我とか?

    • 今年だけやとそうやね
      長期的に見ると、呉との契約の関係、メッセとマートンの日本人選手化とかもある
      3〜5年のスパンで考えるなら、獲得しとくのは良い事やと思うで

  2. お、おれがんばる

  3. 獲るんやったら、大きいのが打てる内野手やろ…

    • 一軍の4枠が完全に埋まっとるから、獲得するのは育成する事を見越した選手や
      で、今二軍は試合に出したい若手野手が多くて外国人野手を使う空きがない
      せやから投手を取るわけ

  4. 頼むから活躍してな

  5. マートンとゴメスの代わりはきかないから野手重視してほしいけど、そうそういないか。理想を言えばサード適正のある大砲だけど。

  6.   

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298