586133558
- お知らせ -
ファントークライブ(要ログイン)

【阪神】日本シリーズ進出決定で浮かぶ18年前の「33―4」 あの悪夢には理由があった【東スポ】

LINEで送る 3コメント


 これには原因があった。阪神は9月29日にリーグ優勝を決め、そこから10月22日の日本シリーズ開幕まで3週間ほど〝真剣勝負〟に対するブランクがあった。全日程終了後、阪神が自軍の主力投手を相手に甲子園で行ったシート打撃で、主軸の金本、今岡らの打球がほぼ前に飛ばなかったことが強く印象に残っている。それほど実戦勘に狂いが生じていた。

 当時を知る阪神OBはこう語る。

「どうにもならなかったですね。セ・リーグはまだCSがなかったですが、あの年からパ・リーグはCSが始まった。そこでロッテが快進撃ですから、勢いが違いすぎましたよね。当時は言い訳になるのでそうは言えなかったですけど」・・・・・



4796649816

理由🐯

みんなのコメント
3コメント views
  1. 今江がとにかく滅茶苦茶打ってた あと西岡も

  2. 長いこと待たされたのはよく覚えてるよ

  3. それもあるけど
    阪急に買収それそうになり試合どころではなかった

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298