65729641
- お知らせ -

ファントークライブ(要ログイン)

“パンダ”と愛された元助っ人が語る阪神。甲子園の熱狂は「人生で一番」、日本は「練習は試合さながらだった」【THE DIGEST】

LINEで送る 11コメント


懐かしい🐼

B09WMV5LWP

みんなのコメント
11コメント views
  1. 練習は試合さながら。
    今の阪神はその頃と比べてどうなんだろうな。

    • 故障者を出したくない
      チームワークを見える形で表したい
      メンタル強化に勤め
      選手達には規律を求めた

      有終の美を飾るため

      選手達がいずれ監督コーチになった時にはこの経験が生きると俺は思う

      • 規律…?

      • ハイタッチやろ。

  2. 虎のパンダタオル持ってました!神宮でよく活躍してくれたイメージ!
    金本の頃は本当に練習厳しかったんだな〜ってわかるコメント。

  3. 金本監督は采配がアレだったりろくな外国人補強もしてくれなかったりだったけど厳しく明るくって言ってキャンプやってたしな
    セミナーも予祝もやらんしその辺はよかったんやな

    • 矢野野球は選手の自主性と楽しんで野球やって勝とうだからな。若い選手が多いんだからこういう結末になって当然とも言える。

    • 誰がろくでなしや!

  4. まだアイコン残ってるで

  5. 今のチームやったら、春キャンプの一番しまって練習せんとあかん時の、練習準備をせなあかん練習前に、後輩誘って手作りケーキ作って、監督の🎂誕生日祝い?メダル作り⁉️そしてそれを、監督大喜び?これって、大人の、プロの、野球キャンプ?高校生の、部活動の合宿でも、普通の監督、指導者なら祝ってくれる気持ちは頂くけど、今は、それより、練習してというけどなー侍ジャパンのように寄せ集めでもないから、顔覚えることもないしなーなんか、方向がおかしくない⁉️

  6. 今だったら主軸打っていると思う。いい選手だったと思う。

    金本は外国人選手に迫力を求めすぎてたよね
    本人の「何を監督に求められているかわからなかった。」という
    コメントを忘れない。

    恐らく、金本は長期政権を託されていたから
    パンダ程度の長打力では日本人を育てたほうが
    将来につながると考えていたのだろう。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298