65729641
- お知らせ -

ファントークライブ(要ログイン)

赤星憲広氏、阪神の積極性を評価「必死な姿勢と、諦めない姿があった」「強気な姿勢を消してはいけない」「その先に必ず出口がある。プロである以上やられたら、やり返すしかない。 」

LINEで送る 8コメント

 【赤星憲広氏の視点】阪神は2日の巨人戦に4―5で敗れ、セ・リーグワーストの開幕8連敗を喫した。8戦全敗は史上初の屈辱。とはいえ、攻撃陣は相手を上回る10安打を放ち、救援陣も無失点と奮闘

(中略)

動きを見れば「ギャンブルスタート」だったことは明らかだ。

 初勝利が遠い現状、そして後続との兼ね合いも考えた中での判断だったはず。「まずは同点」を狙ったベンチの作戦。近本の足なら仮に飛球であれば、三塁への帰塁は可能、ゴロ打球の場合は生還できる可能性が高いと判断したのだろう。

 仮に佐藤輝が凡退していれば、続く大山は申告敬遠で歩かされていた。開幕から好調(中略)ただ、近本は本能で、そして反応だけで何とか帰塁しようとしていた。普通の走者なら本塁へと一直線で、反応はできないだろう。そこには必死な姿勢と、諦めない姿があった。

 長いトンネルの中でチーム全員にプレッシャーがかかっている。先発の小川も本当の怖さを知ったはずだ。しかし彼の良さは強気に投げ込む投球スタイル。反省はしても、持ち味である強気な姿勢を消してはいけない。

 また攻撃でも消極的な打撃は見られなかった。大山や近本も初球から果敢にスイング。負けが続くと、どうしても打席内で迷いも生じ、慎重になってしまうところがある。しかし「攻撃」の言葉通り攻める姿勢があった。

 そして前夜に続いて救援陣も踏ん張った。好守もあった。(中略)今こそ地に足を着けて、やらなければいけないことを確実にやることだ。選手たちは自らの調子を上げる。それが一つとなってチームになる。その先に必ず出口がある。プロである以上やられたら、やり返すしかない。 ・・・・・



やり返す!



B09X1MS5WZ

みんなのコメント
8コメント views
  1. 半沢直樹イズムが
    このチームの発奮アイテムとなって
    早8年!やりかえしてたり再度やられたりとあったが、今年は今がそんなシチュエーションや!
    優勝CS突破そしてこのイズムの最後の
    着地点でもある日本一までたっぷりまだ時間があるからしっかりとチームのいいかたちを見つけて行こうや❗

  2. ふるすにやさしいあかほしさん
    ありがとう

  3. やられたらやり返す
    今日こそ勝とう!

  4. そうなんだよな❗やり返すチャンスがこの先にはたくさんあるってことなんだよ😃

  5. どのチームもシーズン中1回や2回大型連敗はするでしょ。開幕からやから余計に注目されているだけで。逆に取り戻せる時間はたっぷりありますよね。

  6. やり返すのはぼちぼちと、倍返しはここぞというときに発揮できる場でやれたら逆転Vロード完成だと思う❗
    あまり早く倍返しすると後半失速倍返されるので、そこ気をつけて頑張りましょう。

  7. 暖かいコメントありがとうございます😂

  8. この時間現在阪神対巨人は2対5。今日もきつい展開だけど
    今日も大山は安打を打ってくれた。9試合連続で!
    明るい材料もあるのだから、阪神が勝つことも諦めない!
    阪神が勝って勝利の六甲おろしを聞きたいです。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298