65801525
- お知らせ -
ファントークライブ(要ログイン)

やさしさあふれる主将・大山

LINEで送る 5コメント

阪神大山悠輔が手元のタブレットを凝視しながらタクシーに乗り込もうとしていた。(中略)ニッコリ笑顔でシェアしてくれた画面には、1回表の攻撃が流れていた。3番佐藤輝明がタイムリーを放つと「また打った。すごい!」。4番井上広大が打席に入ると「4番の雰囲気、出てますよね」。佐藤輝が好走塁を決めると「あっ、走った。ナイス! 」。新主将は残留組でも気持ちを切らさず、心だけは北谷に“遠征”させていた。

昨季28本塁打の主砲は12日紅白戦で腰背部に張りを感じ、以降は実戦出場を取りやめている。(中略)本音は「休みたくない」だったのでは? 勝手な想像をぶつけると、大山はキリリと表情を引き締め直した。

「今まではどこかが痛いなんて言える立場ではなかったですしね。今回もシーズン中だったら絶対にプレーさせてもらっているレベルです。でも…」

(中略)

チーム内の立場も鑑みて、長いスパンでチームを支え抜くための決断を下したのだろう。言葉の節々から責任感がにじみ出ていた。

(中略)

「去年もそうですけど、糸原さんとかがベンチでもだいぶ盛り上げたりしてくれるんです。それは本当にありがたい。あとは…福留さんがやってくれていた役割をどうするか、ですよね。チーム全体を締めないといけない時にどうするか

(中略)

頂点を目指す上で避けては通れない「ポスト福留問題」。もちろん、特定の1人だけに「引き締め役」を託すのは酷な話だ。大山は「梅野さんたちもやってくれるとは思いますけど…」とイメージしつつ、・・・・・





B07QLCNTHS

みんなのコメント
5コメント views
  1. 大山選手、頑張れ。

  2. やったるで!

  3. そういうことです

  4. 「気は優しくて力持ち!」のイメージそのもの。素敵です❣️

  5. インスタライブ観て感想
    人柄にじみでてましたから
    早く治してください

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298