315371584
- お知らせ -
ファントークライブ(要ログイン)

元早大野球部・現役記者、上本を回想「プライドは、初めて一緒に練習した日に砕け散った。」

LINEで送る 9コメント

ポケット内のスマートフォンが振動した。16日の夕暮れ時。大阪市内で電車に乗った時だった。後でかけ直そうと思ったが、着信画面に映し出された名前を見て、すぐに駅のホームに戻った。

 「引退することを決めました。今までありがとうございました」

 明るい声だった。突然の報告にこちらは戸惑ったが、落ち着いた口調からは現役生活をやりきった、との思いが伝わってきた。


(中略)

 上本と出会ったのは、15年前の春。早大野球部で私の1学年後輩だった。ポジションは同じ二塁手。広島・広陵高からセンバツ優勝の実績をひっさげてやって来た。「困ったことがあったらなんでも言ってこいよ」と先輩面していた私だが、そのプライドは、初めて一緒に練習した日に砕け散った。柔らかいグラブさばきとリストを生かした打撃。そのセンスを目の当たりにして、思った。「こりゃまいった」

ここから続き

 以来、特別な存在としてつき合ってきた。上本は大学4年間でリーグ通算109安打を放ち、ドラフト3位で阪神へ。私は新聞記者になり、2012、13年と阪神を担当した。常に全力でプレーする姿に、一ファンとして心も打たれた。ただ、そのぶん心配があった。ケガが多いことだ。

(中略)

 ある日。そんな姿を見かねて、尋ねてみた。「無理しすぎなのでは?」。即答だった。「僕みたいな選手は・・・・・



記事はまだまだ続きがあり、上本選手の野球への姿勢が見えます
会員登録すると無料で読めます

ウエポン><


追記


別の記者さんの記事もありました、こちらも必見です



B01D3BF3CW

みんなのコメント
9コメント views
  1. そーね。怪我が多かったのが玉にきずだけど
    そこまて追い込まなかったらそもそもここまで来れてなかったいうことなんかなぁ

  2. 足と守備はうまかった
    怪我してなければまだ
    出来る

  3. ご苦労様

  4. ポンの愛称もらえる?

    • 近もっちゃんでいいわよ。私は金もっちゃんよ。

      • ワシはもっさんでっせ〜

  5. おつかれさん。

  6. 天才

    • 広陵高校の監督さんが
      今までの教え子で1番能力があった選手か何かで
      うえぽんの名前を挙げてらっしゃった記憶がある

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298