65976398
- お知らせ -
20:00~ 熱血タイガース党
ファントークライブ

阪神、ボーア保有権は11月30日も前倒しの自由契約

LINEで送る 13コメント

 阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が20日、自由契約選手として公示(中略)11月末までの保有期限を“前倒し”してのリリース。国内の複数球団が興味を示しているとみられ

(中略)

2年目の適応も期待されるところではあるが、ネックは250万ドル(約2億6000万円)という高年俸。矢野監督はこの日、甲子園でボーアの自由契約について「総合的に判断していること。もちろんみんなで埋めていかなアカン」と話した。

 11月30日まで阪神が保有権を持っている中、10日前倒しのリリース。理由は定かではないが、球界関係者によると、複数のNPB球団がボーアに興味を示しており、“就活”開始が早まったことは間違いない。一旦リリースして退団の形をとった阪神が、ゼロベースから低年俸で契約する可能性も残ってはいるが…。来季は・・・・・





 ボーアがフィットしそうな球団がある。巨人と並びリーグトップタイ135本塁打を記録したDeNAだ。チームトップ25本塁打を放ったソトの去就が未定。チーム4位の19本塁打で国内FA権を持つ梶谷隆幸は、その決断が注目されている。オースティンや同じ左打者では首位打者の佐野恵太(共に20本塁打)がいるが、仮にソト&梶谷が退団となれば打線の戦力ダウンは必至だ。さらに守備面ではロペスが今季75試合、ソトが同38試合で一塁スタメン出場。一塁手のレギュラーも不在となる。

 狭い横浜スタジアムではボーアの魅力は格段にアップするだろう。さらに近年ドラフトで今永昇太、石田健大、濱口遥大、東克樹、坂本裕哉らを獲得して「左腕王国」を築きつつある。左投手に対して打率.214、4本塁打と苦戦したボーアにとって、DeNA移籍はプラスに働くはず。当然、来日2年目で日本の配球に慣れるということもあるだろう。

 DeNAとなってからはラミレス、ブランコ、バルディリス、ロペスら他球団から加入した助っ人たちが活躍してきた。推定2億7500万円の高年俸をどれだけ下げられるかが大きなカギとなるが、三浦大輔新監督が就任したDeNAにとっては優良・・・・・





B08KHT7KS9

みんなのコメント
13コメント views
  1. 低年俸(1.5億?)獲得できるなら阪神にお願いします

    • これは自分の妄想ですが
      早めにリリースして他の球団に取るか、手が上がらなかったら安く阪神が取るって話だったりして。

  2. 「枠の問題」
    「もちろん最後まで一緒に戦ってもらう」

    て言うてたやーん

    • 放出前提なら一刻も早く他球団と交渉できるようにという球団の配慮なのよ

  3. ボーア横浜ありそうね

    • どうかなぁ…だお☆
      オースティンの本職は1塁手なんだよねえ

    • 港のボーア横浜行くすか?

    • 巨人に通用しないことはバレてるから
      セリーグはどこも獲らんやろ。

      • 低年俸を飲めるなら化ける可能性に期待して獲る球団はあるかもね。

        ただその前提ならそもそも阪神から自由契約になってないという…

      • 巨人らしいで。

  4. 国内他球団も獲りに行きそうな雰囲気ないね。

    阪神ファンの評価が高いだけで、
    現場の評価はどこも低いのかも。

    • 阪神ファンもそんな評価してないけどな。
      愛されキャラなだけで

  5. セリーグなんやろなあ

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298