317231626
- お知らせ -
ファントークライブ

球団ごとの個室、指名競合での抽選ルーム、無観客… ドラフト会議の「新様式」

LINEで送る 10コメント

今月26日に行われるドラフト会議も感染防止の観点で多くの制限が設けられる。運命の会議まで、あと6日。変更点と、その裏側を探った。

(中略)

 (1)メイン会場なし (中略)だがそのメイン会場が今年はない。代わりに用意されるのは12球団それぞれの個室と、競合となった際のために用意された抽選ルーム。

(中略)

報道陣も当日、会場での取材は不可となった。

 (2)個室の感染対策 (中略)「個室で指名を行っていくということに関しては我々にとってはメリットがある」と歓迎する。例年の12球団が一堂に会する大部屋では他球団との距離も近く、会話や打ち合わせは必要最低限で小声だった。「今年は会議中の議論が活発にできる。指名していく上では意思確認もはっきりできるし、いい面の方が多い」とは前出の編成担当者。マスク着用でアクリル板も設置されているが、活発なコミュニケーションは可能だ。

 (3)12年ぶり無観客 (中略)参加者の人数抑制はファンだけではなく、運営側も同じ。中継を行うTBSも当日のスタッフは最小限とし、一部はフェースシールドを着用したまま中継に携わるという。NPBはファンについては約1000人のオンラインイベントへの招待を決定。1位指名終了後の監督取材などもオンラインで行われる方向

(中略)

在京セ・リーグ球団の編成幹部はこう表現した。「イベント色が強かったドラフトが、単純に会議になる」。来季以降にも大きな影響を与えそうな「新様式」・・・・・



いままでとだいぶ違った形になりそうです





B08JB7CG4H

みんなのコメント
10コメント views
  1. 良く考えたら札入れてくじ引きするだけならシステムさえあれば一ヶ所に集まる必要ないわな

    会場準備の費用削減にも繋がるだろうししばらくこんな感じになるかもね

  2. オンラインでええやん
    抽選は上から何番目とかで

    • くじは今まで通りのようですよ

  3. 今年は各球団がそれぞれの事務所からリモート参加で実施するのかと思ってたけど、わざわざ東京の会場には集まるのですね。どうしても球団の人の手による抽選を見せたいのかな。

    • くじまでオンラインにしてしまうとシステムを構築した人間が不正を行うことが可能になってしまうので仕方ないんでしょうね

      • 当たりの数字を決めておいて、順に数字を選んでいくとかならオンラインでも大丈夫そう。

      • 不正が介入する隙が生まれるので。
        古典的なやり方が1番なんですよね。

  4. そんなことより、うちの息子がどこに指名されるかが気になる。

    • 関やん、落ち着いて天命を待つんや。

    • 自分の時より
      子供の時の方がドキドキしそうわね

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298