56186636
- お知らせ -
ファントークライブ

緒方・前広島監督「阪神は監督をしている間、ずっと負けたくない存在だった。」

LINEで送る 11コメント

指揮官として18年まで広島に3連覇をもたらし、日刊スポーツ評論家に就任した緒方孝市氏(51)が大胆予想だ。19日の開幕に向け、重要な調整時期を見据えつつ今季のセ・リーグは昨年優勝の巨人に対し、広島、阪神が挑戦する三つどもえになると予想

(中略)

阪神は監督をしている間、ずっと負けたくない存在だった。自分の監督2年目に“カネ(金本知憲前監督)”が監督に就任した。広島でいっしょに外野を守っていた仲だし、学年も同じ。楽しい思いもあったが同時に負けたくない思いで戦っていた。

矢野監督にも同じことが言える。彼も同学年。なにより感心したというか驚いたのが投手の起用法だ。昨年1年間しか対戦していないが対戦時にこちらから見ていて「ここで代えるのか」「まだ引っ張るのか」と目を見開かされた。2軍監督を経験していたとはいえ、1年目であれができるのは大したもの。さすがに捕手出身監督という印象を受けた。

この5年間、阪神はやはり投手中心のチームだったがそろそろ打者が伸びてくる時期だと思う。近本はいいし、大山、高山といい選手がいる。その上でやはり外国人打者がキーになるだろう。ボーア、サンズがそれこそバース級の働きをすれば・・・・・



緒方元監督が阪神をどう考えていたのか、個人的に気になっています


B071F6DHNS

みんなのコメント
11コメント views
  1. 新外国人の度にバース級…と出るが
    それは高望みし過ぎだわ。
    ブラッズ級で十分。

    • ブラさんとか高望みしすぎです。
      ゴメスで十分。。。

  2. カープの試合を毎日観ていたわけではないのでよくわかっていないが、三連覇した監督なのに名将とは呼ばれないものなのか。

    • ノムケンの遺産とか思われてるのかなぁ〜?
      ビンタしたんが良くなかったんかぁ〜?

      • ノムケンも名将とは言わへんな。

    • 日本シリーズの勝率がイマイチだからかなあ

    • やはりチーム作りからやってこそ名将なんじゃないですか?

      西本幸雄さんは1回も日本一を経験しませんでしたが紛れもなく名将ですし

      • そんなん言ったら寄せ集めチームはチーム作りしとるうちに入るんかな??

  3. お互い沸点が低かったわね

    • それも魅力よ

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298