65825853
- お知らせ -
ファントークライブ

マルテ、オープン戦初戦から2ラン。長打増加に矢野監督「今年は打球が上がっているんで。そういうところは頼もしいなと」

LINEで送る 7コメント

 失投といえども、打撃フォームを崩すことなく着実に捉えたことに価値があった。今春初実戦だった18日の紅白戦に続く“2戦連発”。初回2死二塁で倒れた一飛と合わせて矢野監督に好印象を植え付けた。

 「1打席目も紙一重。今年は打球が上がっているんで。そういうところは頼もしいなと見ている。打撃も(1年間)経験したことでレベルが上がってきている感じに見える。頼もしいです」

 外国人枠を激しく争う来日2年目。ボーア、サンズの新加入組に対して日本野球を経験したアドバンテージがある。「一日一日しっかりと全力出すだけ。その中でポジティブな結果が出るように努めたい」。開幕三塁を争う大山が5打席凡退に終わったオープン戦初戦でアピールに成功・・・・・




昨年は8月から4番に座り105試合で打率・284と上々の来日1年目だったが、12本塁打と一発の力がやや物足りなかった。しかし今年は違う。昨年よりも膝を深く曲げて重心を下げたフォームに変えて進化。指揮官もパワーアップを予感・・・・・






# 打撃フォーム変更




みんなのコメント
7コメント views
  1. ペーニャみたいなフォームって言ってる人見て、同じ事思った!

  2. 田尾さん、マルテ褒めつつ大山も絶対20本打つって、テキトー。

    • 去年14本打ったから今年は20本てやつですよね!ホントテキトーすぎる

    • 大山もパワー付いてるけどな 弾道上げないと 長打は出ないし 昨日みたいに 守備に阻まれてしまうこともある

  3. 後は三塁に慣れる事のみやね

  4. HRの9割ぐらいレフト方向なのは甲子園向きやな

  5. 元々パワーがない訳ではないので、打撃フォームが変わり、打球の軌道が変われば本塁打の数が増える可能性は十分にある

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298