65276480
- お知らせ -
ファントークライブ

関本Jr「父からは“1本打てばオレに並べるぞ”と言われていました」

LINEで送る 9コメント

元阪神内野手の関本賢太郎氏(スポニチ本紙評論家)の長男で、履正社・関本勇輔捕手(2年)が8回に代打で出場。三ゴロが相手の失策を誘って出塁したが、後続が倒れて得点できず。チームも奥川恭伸投手(3年)の前に完封負けを喫した。

 「父からは“1本打てばオレに並べるぞ”と言われていました。甲子園は父もプレーした場所ですし、同じ代打で打席に立てたのはうれしかった」・・・・・



セッキージュニア☆


虎一筋。必死のパッチの19年―もがき続けた野球人生

みんなのコメント
9コメント views
  1. 関本っちゃんは意外と理論派やから、息子はキャッチャーにあいそう

  2. あら~関本さんのとこ、そんな大きいお子さんがいっらしゃるのね~
    今2年生だしチャンスはあと3回もあるからきっと追い越せるわョ~

  3. てっと と おなじ こうこう だね

  4. セッキーの息子さんもこれからですね!頑張ってほしいです!

  5. 勝負をつけろ 今こそ 頼むぞ賢太郎
    みなぎる力 燃えたぎらす 根性魂

  6. 狩野さんがラジオで「初球打つなよ、もっと見たかったのに。でも初球から振れるのはさすがやね」というようなことを言っとったね。わたしも同じ気持ちでした。

  7. 関本さん自身は開会式だけ見て、履正社の試合はタイガースのオープン戦の解説ととかぶってしまって、、この目で見守りたかったやろうね。

    • 息子の打席を観れなくて残念やけど、これからも頑張って欲しいからね

  8. 今日の中継の中で実況が時々息子さんの話に触れてましたね。
    右投げ左打ちが多いなか、あえて右投げ右打ちの捕手に…みたいな。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298