315540102
- お知らせ -
ファントークライブ

『トラックマン』データに安藤C「見比べたら、何がダメなのかわかっていいよね」「俺が現役のときにあったらよかったのになあ…」

LINEで送る 17コメント

 昨季まで16年間虎一筋でプレーし、現在はファーム育成コーチとして選手を育てる立場になった安藤コーチは「(調子が)悪いときのデータといいときのデータと見比べたら、何がダメなのかわかっていいよね」とうなずいた。さらに「俺が現役のときにあったらよかったのになあ…。(データを)見てみたかった。あと1年早かったら」と笑っていた。

 2010年に引退した金村1軍投手コーチも同様だ。「自分の一番いい時期のやつ(中略)

 こういった新しい機器が導入されると議論になるのが、データと、データでは表しきれない部分との解釈の難しさだ。掛布雅之シニアエグゼクティブアドバイザー(SEA)は昨年、トラックマンの導入前にこんな話をしてくれた。

 「野球は機械や数字で表しきれないところがあるから面白いんだよ。江夏さんはよく、外角のストライクゾーンからボール2つ分外れたところに2球続けて投げて、その後に一つ分外れたところに投げていたんだけど・・・・・



なるほど!

野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ)

みんなのコメント
17コメント views
  1. 高校生のデータも取り放題やな

    • 勘違いしてる人がたまにいるけど
      データを『独占』できるわけではありませんので念のため。

  2. データは活用しつつ、掛布さんの言うような人間相手の機微的なモノも活用していけるとベストなのでしょうね。

  3. ストライクゾーンを広げる技術かぁ
    相手が人間だから確かにね
    選球眼のいい打者の見送りや、コントロール苦手な投手の球は印象論でボールにされたりすることもあるし
    ただ単に審判を批判するだけじゃなく利用していきたいわね

    • 江夏さんはキャンプのブルペンから勝負してたらしいからな。
      ブルペンで投げ終わってからあの外の球は今季は取るんやな?と
      審判に確認してたとか。

      • 今そんなことしたら小林みたいに睨みつけられますね

        審判団は検証検証、誤審誤審でカリカリしてるかもな
        いかに誤審が多かったのかが証明されてるからね

  4. バッセンで空振りしたくらいしか野球経験ない身からすると、何もかも凄い話やなあ
    実際にバッターボックスに立ってプロの球見たらどんな感じするんやろ?って小学生のように思ったりします

  5. 何がダメなのか知りたい…(震え声)

  6. 審判ごとのストライク ボールのデータは有るのかな?

    • そういうのも傾向としてデータ取りしてるんちゃうかな。

    • トラックマンじゃなくても収集できると思うけど

  7. 分析官(わ)だ

    • TA(タイガースアカデミー)

  8. ヨッピーマンちゃうの?

  9. いつから競馬関係者になったんだ⁉️
    安藤Kのほうか…

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298