65928901
- お知らせ -
ファントークライブ

<ドラフト>下位球団「現実路線」に【毎日新聞】

LINEで送る 3コメント

 20日、東京都内のホテルで開かれたプロ野球の新人選択(ドラフト)会議。豊作とされた今年のドラフト。1位指名では競合覚悟で臨んだ今季の上位球団と、単独指名を狙った下位球団にくっきりと分かれた。

 最初の指名球団となったパ・リーグ最下位のオリックスから、6球団目のセ・リーグ4位の阪神まで、柳の指名がDeNAと重なった中日を除き、単独指名が続いた。5球団が競合した田中や柳と並んで「大学ビッグ3」と称された佐々木の名は、最初の指名では呼ばれなかった。競合覚悟で指名した球団があれば結果的に一本釣りとなる可能性も十分にあったが、「みんな(他球団の動向を)読み切れなかったんだろうね」と楽天の梨田監督。結局、外れ1位では5球団が佐々木に殺到する異例の事態になった。

 ただ、下位球団もやみくもに競合を避けたわけではない。オリックスが指名した山岡は社会人ナンバーワンの呼び声が高く、阪神が指名した大山も若手野手が少ないチームの補強ポイントに合致する。楽天、ヤクルト、西武は高校生投手を単独指名したが、ある球団のスカウトは「今年の高校生はレベルが高い。(1年目の)夏過ぎには出てくる可能性の高い選手が多い」と話す。力のある選手が多い豊作の年だからこそ、下位球団が現実路線にかじを切ることが・・・・・



2016-1020-920

みんなのコメント
3コメント views
  1. 阪神の選手層をみたら現実的な指名にもなるわね

  2. 大山は甲子園本拠地な以上絶対欲しいと思ってたワイ安堵

  3. 結局、田中投手は
    各リーグ上位3チームから指名でしたね。
    ソフトバンクは、
    戦力に余裕あるから、
    将来性重視で指名してくる年が多い印象。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298