915653669

Vやねん!むかしばなし「てつじんの たましい」

LINEで送る 4,332 views 63コメント

むかしむかしのことでございます。
阪神タイガースに 鳥谷という せんしゅがいました。
鳥谷は なりものりでプロいりしていらい そう こう しゅ そろったせんしゅとして かつやくしました。
ながねん タイガースのショートを 守りつづけ フルイニングしゅつじょうきろくが ぐんぐん 伸びて ゆきました。

引用元 Vやねん!むかしばなし「てつじんの たましい」

Vやねん!タイガース (日刊スポーツグラフ)

    ところが 休まず はたらきつづけた 鳥谷は つかれからか じょじょに ふしんに おちいってしまいました。
    打っても ボールに 力がありません。
    とれるはずの だきゅうが がいやへ ぬけてしまいます。
    鳥谷のふしんに 合わせるかのように チームも ていめいしてしまいました。

    とりたには なきごとを いわず れんしゅうに とりくみました。
    よる おそくまで 一人 バットをふりました。
    わかてにまじって 毎日 どろんこになりながら ノックをうけました。
    ほんのいっしゅんでも 鳥谷は さぼらなかったのです。
    あさから ばんまで ちのにじむような とっくんを つづけました。

    しかし それでも 鳥谷のちょうしは よくなりません。
    しだいに チームのふんいきも わるくなります。
    「鳥谷のせいで まけた」「鳥谷を つかうな」――そんなやじが あちこちから ひびきます。
    めいよを ばんかい しようと ひっしにれんしゅうする 鳥谷も じしんを うしなってゆきました。
    「もしかしたら おれは もう だめなのかもしれない」
    「おれが いなくなれば かてるかもしれない」

    ある日のことでした。
    かんとくの元を たずねた鳥谷は しあいを休みたいと 言いました。
    鳥谷は おこられるかもしれないと おもっていました。
    かんとくの 金本は れんぞくフルイニングしゅつじょうの せかいきろくほじしゃです。
    そんな てつじんのまえで 休みたいと よわねを はけば きっと しかられると おもったからです。

    ところが かんとくは 「わかった」 とだけ 言ったのです。
    「だいだで でばんが あるかもしれない。じゅんびは しておけよ」
    かんとくは そう言って きょうの スタメンひょうを にらみました。
    「ああ おれは かんとくにも みすてられたんだ」
    鳥谷は うつむいたまま グラウンドへ もどりました。

    その日 鳥谷が スタメンをはずれたことは 大きなニュースになりました。
    つぎの日も そのつぎの日も 鳥谷は スタメンからはずれました。
    ひにくなことに チームは いきおいをもりかえし れんじつ しょうりを おさめました。
    「やっぱり 鳥谷が じゃまだったんだ」「いっしょう ベンチに いてくれや」
    そんな 心ない ことばが ベンチにも きこえました。
    鳥谷は なにも 言いかえせませんでした。

  • めでたしめでたし
  • それから しばらくたった ある日のことです。
    かんとくが れんしゅうをしていた 鳥谷の元へ やってきて 「きょう スタメンにするぞ」 と言いました。
    鳥谷は おどろいて もうすこし まってほしいと おねがいしました。
    かんとくは ふしぎそうなかおをして 「どこか わるいのか?」 とききました。
    「けがをしているなら しかたがない。だが ずる休みは ゆるさないぞ」
    かんとくは そう言って スタメンひょうに 鳥谷の名を かこうとしました。
    「たしかに おれは もう げんきです」
    鳥谷は言いました。

  • 全阪が泣いた
  • 「でも しあいで かつやくするじしんが ないんです」
    鳥谷は そう うったえました。
    じぶんのせいで まけた じぶんのせいで しあいに出られない せんしゅがいた。
    鳥谷はずっと うしろめたいおもいを ひきずっていたのです。
    「きっと ファンや チームメイトは おれのことなんて 見たくもないのでしょう。しあいに出るのが こわいんです」
    そう言って 鳥谷は きょうも休みたいと たのみました。

    しかし かんとくは はじめて 鳥谷を しかりました。
    「そんなのは あたりまえだ。それでも みんな いっしょうけんめいに やっているんだぞ」
    「じしんが ない? トリ おまえに とうそうしんは ないのか。心まで ロボットに なってしまったのか」
    鳥谷は はっとしました。

  • なんかオチはあるんやろな?
  • 鳥谷は ずっと クールなせんしゅとして しられていました。
    むずかしいプレーを たんたんと こなし めったに かんじょうを あらわさない。
    しかし 心には いつも あつい とうそうしんを もやしていました。
    だれよりも よろこび だれよりも くやしがる ひたむきな チームリーダーだったのです。

    「おまえは そんな くらいせんしゅ じゃ ないだろう」
    かんとくは いつのまにか おだやかに わらっていました。
    「おまえの心には 弱虫 なまけ虫が すんでいるようだ。おれは そんな せんしゅは つかわないぞ」
    かんとくは ふたたび きびしいひょうじょうに もどり スタメンひょうに ペンを はしらせようとしました。
    「まってください」
    鳥谷は 大きな へんじをしました。

    「きょうの しあい おれを スタメンで つかってください。ぜんりょくで プレーします」
    そう やくそくを したのです。
    スタメンひょうを 見おろしていた かんとくのひょうじょうは 鳥谷からは わかりません。
    しかし 鳥谷には かんとくが わらっているように 見えました。

    3ばん ショート 鳥谷――

    ひさしぶりに スタメンに 名を つらねた 鳥谷は グラウンドを かけまわりました。
    心にすみついた 弱虫 なまけ虫と たたかいました。
    いつも クールな 鳥谷は この日は ぜんりょくで プレーしました。
    おいつけない ゴロでも とびついて 手をのばします。
    へいぼんな ないやゴロでも けんめいに いちるいへ かけこみます。
    ベンチで いちばん こえを 上げたのは 鳥谷でした。

    鳥谷の ふっかつを見て チームは さらに かっきづきました。
    せんしゅたちは ひとつ ひとつのプレーに みんな 鳥谷のように ぜんりょくで いどみます。
    鳥谷も そんなせんしゅたちを見て レギュラーをとられまいと また フルイニングしゅつじょうを はじめました。
    まけた 分だけ とりかえせ――そんなスローガンを かかげたチームは れんしょうかいどうを まっしぐら。
    あっというまに しゃっきんを かんさい すると あれよ あれよのまに きせきの だいぎゃくてん ゆうしょうを はたしたのです。

  • ここちょっと歴史の改変がされてますね
  • クライマックスシリーズをかちぬき にほんシリーズに しゅつじょうした 阪神タイガース。
    めいしゅ ソフトバンクホークスとの たいせんを まえに 金本かんとくは 言いました。
    「どの メディアも ホークスが かつと おもっているようだ。だが かつのは おれたち タイガース。にほんじゅうの どぎもを ぬいてやれ!」
    せんしゅたちは いっせいに かけごえで こたえました。
    その わの 中には もちろん 鳥谷のすがたが ありました。

    いよいよはじまった にほんシリーズ。
    10年いじょう まえの くつじょくを せんしゅたちは おぼえています。
    もう 弱虫 なまけ虫の せんしゅは いません。
    目のまえの いっきゅう いっとういちだに だれもが ぜんりょくで いどみました。
    ソフトバンクホークスと がっぷり四つに くみ合った 阪神タイガースは れんじつ いっぽも ゆずらぬ だいせっせん。
    もつれこんだ だい7せんも どうてんのまま えんちょうせんに とつにゅうしました。

    えんちょう 11回のこうげき 1てん とれば サヨナラ にほんいちが きまります。
    なんとしても るいに 出たい そんなおもいで 鳥谷は だせきに立ちました。
    いっきゅう いっきゅうを しんちょうに 見おくった 3きゅうめ。
    インコースを えぐる 松坂のスライダーが 鳥谷のあしに ちょくげきしたのです。

  • 松・・・・坂・・・・?
  • 甲子園に ひめいが 上がりました。
    鳥谷は そのばに たおれこみました。
    すぐに トレーナーがかけつけ 鳥谷のようすを かくにんすると 金本かんとくは だいそうを 出そうとしました。
    鳥谷は すぐ 立ち上がって 「だいじょうぶです」 と言いました。
    「おれは てつじん。これくらい へっちゃらです。それに もう 原口くんしか かわりが いませんから」
    いつもの クールな ひょうじょうで いちるいにむかう 鳥谷に 拍手が おくられました。

    しかし 鳥谷は くつうを かおに出すまいと ひっしでした。
    はしることが できないかもしれないと かんじていました。
    そのふあんは てきちゅうしてしまいます。
    福留の うちゅうかんへの ツーベースヒットで にるいを けったしゅんかん 鳥谷は いたみで ころんでしまったのです。
    なんとか にるいへ もどったものの とびだしていた 福留は アウト。
    さらに ゴメスのヒットで さんるいを けり こんどこそ ホームを ねらったものの ぜんりょくしっそうが できなかった 鳥谷は はさまれ アウトになってしまったのです。
    けっきょく このかいは むとくてんのまま しゅうりょうしました。

    ベンチに もどると 金本かんとくや チームメイトが ふあんそうに 鳥谷を むかえました。
    「だめなら 交代しなさい」
    かんとくは なんども ねんをおしました。
    それでも 鳥谷は くびを よこに ふりました。
    てつじんとして チームリーダーとして いたいことは こうたいの りゆうに ならない。
    「おれ 一人 にげるわけには いきません。みんなが いれば あしの いっぽんや にほん なんとも ありません」
    てつじんの クールな ひょうじょう――その うらにひめた あつき ことばに チームいちどう きもちを ひきしめました。

  • 金本「アカンな…ショート原口!w」
  • つぎのかいの しゅびでは 鳥谷を たすけようと 藤川と 岡崎の バッテリーは くふうしました。
    セカンドの 荒木 サードの 今成 レフトの 高山も いっぽ ショートに ちかづき だきゅうに そなえます。
    ショートに立つ 鳥谷のもとには はげましの こえが なんども なんども きこえます。
    鳥谷は みんなに ゆうきを もらいました。
    しぜんと あしの いたみも きえてゆくようでした。

    鳥谷は はじめて きがつきました。
    だれも 鳥谷のことを きらってなど いなかったのです。
    くるしいとき つらいときこそ みんなが きもちを 一つにして ひっしに ボールに くらいつく。
    うてなくても まもれなくても みんなにとって 鳥谷は かけがえのない たのもしい チームメイトでした。
    鳥谷が ふしんに おちいったとき しにものぐるいで どりょくしたことを みんな 知っていたのです。

    「この かいを おさえて サヨナラで きめよう!」
    鳥谷から せんしゅたちから ベンチから スタンドから そんな 力づよい 大きなこえが きこえました。
    鳥谷も いっしょうけんめい こえを はりあげ もりたてます。

    ねっきょうする 甲子園。
    きせきの サヨナラに むけて 藤川が こんしんの いっきゅうを とうじました――

  • 金本無能ちゃうか これ… 何で原口だけ残してんねん…
  • 行くな、超えるな
  • アナ「行くな! 行くな! 越えるな!」
    (呆然とする金本→藤川→金本→ベースを回る畜生を順に映す。)
    アナ「……悪夢のような現実がそこには待っていました。内川、勝ち越し3ラン……6対3!」
    (顔面蒼白の藤川、表情をゆがめる岡崎、数回頷く金本。)
    広澤「この大バッ……このバッターにこれだけまっすぐを続けたわけですからねぇ……悪夢ですなあ」

  • ワロタ
  • ダメやんけ!
  • えぇ…
  • オワタ
  • ここからの逆転劇だから……
  • サヨナラ満塁ホームランやろな
  • -完-

  • 終わりかい!
  • 鳥谷なんもしてなくて草
    • キャプテンシー発揮してたんやろ
  • 現実は上手くいかないと教えてくれる名作

みんなのコメント
63コメント 4,332views
  1. とりさんががんばってる間
    大和はゴボウを耕してから しゅびにつきました

    • トリさんががんばってる間
      チワワは鳴尾浜を駆けまわっていました。

      • チワワが鳴尾浜を駆け回ってるころトリさんは
        チワワのバッティンググローブを身につけ、
        静かにチワワの帰りを待っていたのです。

    • そのころ 一方 キリンは高い木のはっぱを食べながら 高みのけんぶつをしていました。

      • そのころウホは
        満開の桜の木の下で
        おだやかに微笑んでいました。

      • ウホのそばで 心地よい風の中 桜が舞い さわやかにキャッチボールしていました。

  2. つかれたとりさんに
    🍘をあげました
    「ありがとうね」と言い食べたふりを
    してくれた優しいとりさんでした。

  3. やばい。
    よんでたら じわっと
    なみだ でてきた。

    • 謎の感動を呼び起こしてからの松坂で大草原

    • こんなに泣かせておいて、このオチは何やねんw

  4. 感動かと思ってたら
    松・・・坂・・・?
    のとこで吹き出したわ!!

    • 私は
      『いっしょう ベンチに いてくれや』で我慢出来なくなりましたw

      おなかいたい!!

  5. オチが酷いが猛虎愛が無いと書けない文章

    • よう書ききったなぁ。

      • 夏休みの自由研究に使えそう

    • めちゃくちゃな展開。
      起承転結なさすぎww
      鳥谷くんの物語はどこへ行った? www

      • 草がボーボーですね。夏ですね。草刈りしなきゃ〜。俊くんも手伝って〜

      • 是非虎刈りにして勝利祈願!あれから勝ちまくってます。

    • 酷過ぎ&タイムリー過ぎよね
      球児が気の毒やww

  6. 疲れきった とりさんをおんぶすると
    ジャイアントバードになりました。

  7. ひらがなが多くて読みやすい!

    • せやな

    • 「行くな、超えるな」から普通に漢字ばかりに
      これいかに

      • ひらがなしばりって けっこう つかれるのよ

  8. どんな 逆境にもくじけず いつまでも はばたいている鳥谷であった。

  9. トリちゃんはむかしむかし
    ひげのピッチャーに
    守備が下手と怒られて
    ひとりで泣いていたこともありました。

    • ひでえ野郎だなそいつは!(棒)

  10. とりさんと一緒にすわっていると
    大型犬がよってきました

    • 横譲って🐶

    • ワン ワン (シッポ フリフリ)

  11. ある扉から出てきたノウミが
    こまっていると、そこへ鳥が 「来ました」と言ってくれます

    • とりたには たずねました。
      「ノウミさん あなたが いまでてきた そのとびらは
      どこへつながって いるのですか?」
      ノウミは おだやかな えみをたたえたまま しずかに しかしちょっとかん高いこえでこたえます。
      「ここは せいしんとときのへや。
      一生でいちどだけ こちらの一日を一年に ひきのばして すごすことのできる
      ふしぎな へやなのさ」

      • メルヘンやなあ

      • ドラゴン・・・ボール・・・?

  12. ときどき大きな犬がトリさんにじゃれついてきます。
    トリさんは少し困った顔をしました。

  13. あれよ あれよのまに きせきのだいぎゃくてん

  14. とりさんは セかいいちの とりです。にん。

    • つばが2番目?

  15. 関係ないけど、
    高校野球聞いてたら、
    大分高校のブラスバンドが大和テーマ演奏してる。
    嬉しい。

    • 樟南でも使っちくれてもよかんばってんよ!

    • やっぱりそうだよね。
      チラッと聞こえて、えっと思ったら終わったので気になってた。

      甲子園によく似合う曲です

  16. 昼休みに泣きました❗途中までは。。。
    最後は泣いた自分が恥ずかしかった(T∀T)

  17. マジですか❗大分県民として嬉しいです(*´∀`)
    大和の熱狂的なファンの方が推薦した曲なんでしょうね✨

    • 渋くてセンス良いチョイスですわ!

      • どこかから
        スピードスター♪も聞こえてくるで。

      • 履正社の応援
        山田哲人の応援歌使こてる。

      • 誠志郎は応援歌はキャッチャー凡用やもんね。でも使ってほしい〜

      • 大分高校、もっと聴きたかった!
        (中京高校の皆様、すみません)
        スピードスターですが、
        ロッテの応援団が演奏指導までしに行ってるので、
        使う高校が多くなるそうです。

  18. 号泣してしまった・・・
    また明日からがんばろう

  19. ナリ早く一軍きてくれ

  20. いや俺が打たれたことにされてるの誰か怒ってくれよwww

    • ドンマイ球児!

  21. んーこの物語最後は6番センター江越7番サード今成8番キャッチャー岡崎三者連続で塁に出てでて9番球児の所で代打の原口でグラスラちゃうんか

  22. 週刊ベースボールさん、Vじゃけぇはまだぁ❓

    • 駅の売店でそれっぽい雑誌みたよ
      ただ他の本が重なっててタイトルが「カープV」までしか見えなかった

  23. ショート原口で笑ったwww
    っていうか何で原口使ってないん!

  24. 話半分としても、阪神が日シリに出るって事で良いんかな?

    • そうだね、うん、うん

  25. 逝くな逝くな超えるなで大草原

  26. ベースを周る畜生!(´Д` )

    • え?ぼく?

  27. とりたには、痛みで、ぜんりょくでプレーできないことに、きづきました。
    だから、なみだをこらえ、かんとくに交代をもうしでました。
    とりたにのそんなすがたをみて、みんなも、なみだをこらえ、とりさんの分まで、ぜったいに勝つ、とちかいました。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
上本西岡
1,315 views 25件のコメント
北條 幼少から運動神経抜群だった
2,639 views 47件のコメント
阪神忘年会にありがちな事
3,452 views 247件のコメント
オシャレ桧山
1,465 views 31件のコメント
828900246