915583890

アメリカ人起業家が「阪神タイガース」を世界に発信【CYCLE】

LINEで送る 2,433 views 17コメント

Kakehashi(かけはし)Sportsは、ライセンス契約による阪神タイガースオフィシャルTシャツの販売をツイッターで告知したところ、海外から多くの注文があったと発表した。

同社は米国人のウィリアム・ブルックス代表により、在日・海外の外国人に阪神タイガースを発信していくことを目的に設立。ライセンス契約による阪神タイガースオフィシャルグッツの製造販売を手がけている。1月に阪神タイガースオリジナルTシャツの販売告知をツイッターで行ったところ、7日間で海外から500件の注文があり、予想以上の反響となった。

ブルックス代表は現在でも全国を飛び回り、全試合を観戦し続けている阪神タイガース大ファン”トラキチ”だ。トラキチになったきっかけは、16年前に初めて訪れた阪神戦。熱狂的なファンが飛ばす野次の裏側に「楽しもうという姿勢」「実は愛情が込められている」があることを知って以来、関西文化に魅了された。

外国人の日本プロ野球ファンは、推定160万人と言われている。しかし、英語環境が整っていない、アパレルのサイズがない、日常に着られるデザインが少ない・・・

引用元 アメリカ人起業家が「阪神タイガース」を世界に発信 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト




届け!海外の阪神ファンまで!

みんなのコメント
17コメント 2,433views
  1. デトロイト・タイガースじゃないよ!👍

  2. じゃんじゃん買うてや

  3. 阪神ファンのファンやね

  4. ブルックス!?

  5. アメリカにも阪神ファンが存在してるのはとても光栄やね。
    スティーブン・セガールも阪神ファンと言う話は聞いたことあるな。

    • セガールは昔大阪に住んでたことあってその時に阪神ファンになったらしいからね。
      暗黒時代の時にインタビューで「また負けたらしいのう、わしは情けないわ」と関西弁でコメントしてたことあるよ。

      • スティーブン・セガールは十三の合気道道場主の娘さんと結婚したから武術が出来て
        アメリカで保安局執行官も続けてる。

    • 日本のテレビ番組に2度紹介された
      ブルージェイズの本拠地のトロントで生活し
      トロント猛虎会に所属するジャズピアニスト、ジーン・ディノビ氏は
      大阪花博来日時に甲子園に連れて行かれ
      スタンド一体の応援と応援団のトランペット演奏に感激してファンに成ったと告白された。
      タイガースの帽子と法被で自分のジャズアレンジで六甲おろしを演奏されたけど
      番組からの日本招待には選ばれなかった。
      デューク・エリントンやマックス・ローチのCDでも共演してる実力者。

  6. ゴメスのめっちゃ気になる
    日本から買えないのかな?

    • キイツケヤ!ワシデモLサイズヤデ!

  7. ワタシモ300マイカッタヨ

  8. 「実は愛情が込められている」
    そうやね〜ん♡

  9. トップ画像の黒Tシャツめっちゃかっこええやん。

    • これ欲しいなあ。
      タイガースショップでも売ってほしい。
      (スポーツ仕様の生地だとなお嬉しい)

  10. タイガースガイチバンヤー!

  11. プロレスのAJスタイルズも新日でやってたとき、阪神ファンで、帽子被ってたね
    始球式やりたいって言ってたような…
    選手にも友達とかいたんじゃないかな

  12. 楽天のサイト見てきたけど他もかっこいい!
    普通に欲しい!Sでもブカブカかなぁ

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
阪神住宅にありがちな事
2,006 views 236件のコメント
ワイ福留・鳥谷の2ショーっと好き部
1,555 views 42件のコメント
上本良太笑顔
2,757 views 49件のコメント
岩貞「実力で3勝、結婚して7勝」
3,208 views 39件のコメント
阪神思春期にありがちな事
4,501 views 217件のコメント
今成「高山鳥さん笑かしたった」
3,488 views 29件のコメント
828900246