315673282
- お知らせ -
ファントークライブ

藤浪がマエケンからヒントを得た「脱力投法」の極意明かす【東スポ】

LINEで送る 17コメント

そして藤浪は本紙にだけ、こう明かした。「理想を言うと力を全く入れないで投げたいんです。それでいて、投げる瞬間だけ、100の力で投げたい。投げる瞬間までは0の力。体幹を中心に動かして、それに腕がついてくるイメージです。いい投手はみんなそういうもの(脱力)を持っているんです。これは小さいころから思っていました。小学校くらいから」。約10年も前から「理想」としていた“脱力投法”。それをマエケンとの合同トレで再認識し、いよいよ本格的に着手したのだ。

引用元 藤浪がマエケンからヒントを得た「脱力投法」の極意明かす

2015-0129-02

脱力投法!

みんなのコメント
17コメント views
  1. 脱力かぁ

  2. 期待しとるで。ただし、自分の長所も忘れんように!

  3. 脱毛か。

  4. 脱税かぁ。

  5. 脱臼かぁ

  6. おれは脱毛打法や!

  7. 脱帽してヒーローインタビューしまくります

  8. 脱水機の調子が悪いの。

  9. アレよ♪
    極意なんかそう簡単に話さんよ♪そんなん

  10. ふぉっふぉっふぉ〜♪

  11. 幻のエアギターをもう一回踊る機会つくろか?

  12. 森、頭大丈夫か?

    普通運転免許取得のための学科試験に3連敗中の西武・森友哉捕手(19)の“頭脳”が、チーム内で心配されている。
     森は今月に入って埼玉県内の免許センターで受けた3度の筆記試験に全て不合格。

  13. 杉内理論だな。記事で揚げられている利点に加えてひとつ、必要な箇所にだけ適切な量の力を入れ、リラックスして動ければ加速は滑らかになる。
    滑らかな加速は動物の脳は反応しにくい(動物は一生懸命動こうとすればするほど突然加速するような動きになりがちだからそれに反応出来るように適応している)から、バッターの球に対する動き出しが遅れていいポイントで打てなくなる。
    球持ちの良さと言われているもののひとつの要素なんじゃないかな。
    極めて合理的な考え方だと思うし、藤浪の感覚にマッチするなら素晴らしい結果がもたらされると思うよ。

  14. 杉内理論だな。記事で揚げられている利点に加えてひとつ、脱力して動ければ加速は滑らかになる。
    滑らかな加速には動物の脳は反応しにくい(動物は一生懸命動こうとすれば突然加速するような動きになるからそれに反応出来るように適応している)から、バッターの球に対する動き出しが遅れていい所で打てなくなる。
    球持ちの良さのひとつの要素なんじゃないかな。
    極めて合理的な考え方だと思うし、藤浪の感覚にマッチするなら素晴らしい結果が出ると思うよ。

  15. 記事で揚げられている利点に加えて、脱力して動ければ加速は滑らかになる。
    滑らかな加速には動物の脳は反応し辛い(動物は全力で動こうとすれば突然加速するような動きになり、それに反応出来るように適応している)から、打者の動き出しが遅れていい所で打てなくなる。
    球持ちの良さのひとつの要素なんじゃないかな。
    極めて合理的な考え方だと思うし、藤浪の感覚にマッチするなら良い結果が出ると思うよ。

  16. 俺からなぜ学ばなかった!?見栄えは多少違うが論理は前ケンも俺も同じやろ。体幹だけ固めて手足は滑らかやで。ほんで俺の方がバリエーションが豊富なメカニクスや。体感がしっかりしてるが故の七変化や。

  17. 無駄な力を抜くことが出来れば長いイニング安定して投げられるかな

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298