586130755
- お知らせ -
ファントークライブ

虎オッサン捕手トリオ“継捕策”で幻惑【東スポ】

LINEで送る 13コメント

正妻がいないなら無理して決める必要はない――。首脳陣が温めている策の一つは「1カードの3連戦ですべて違う捕手を先発させるというのもあるだろう。傾向が変わって相手がやりにくくなる」というものだ。

 藤井、鶴岡、日高のリードは三者三様だ。藤井は投手の意思を尊重し、最大限に生かすタイプ。日高は打者に合わせた傾向が強く、左投手とのコンビには定評がある。そして、鶴岡は投手を鼓舞しながら持ち味を引き出すスタイルだ。毎日、違う捕手が出てくれば配球の傾向も変化するため相手打線を困惑させることができる。

引用元 虎オッサン捕手トリオ“継捕策”で幻惑 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社

2014-0127-5
  • まだ日高を捕手として計算してるのか
  • 日高は左の代打じゃねーのか
  • 相手より投手が混乱すると思うんですけど(名推理)
  • なお投手が幻惑されてしまう模様
  • それで七回以降に代打代走出したくなったりとか故障起きたらどうすんねん
    今成か?
  • 藤井鶴岡清水だろ
  • 狩野・今成コースがあるから大丈夫やろ(震え声)
  • 東スポ東スポ

みんなのコメント
13コメント views
  1.  

    • き・・・きっと清水はスタメンマスクなんだよ!

  2. 城島かノムさんが、あまりこういう起用はリスクがあるような事を言っていたような気がするが・・
    まぁ東スポだからね。

    • 一概には言えないけど、正捕手の固定が必要とされる理由は、そのチームの投手の長短を熟知し、捕手としての配球、捕球、送球技術を高いレベルで備えた存在を確保するのが勝敗に大きく影響すること。そして、そのような「専門職としての捕手」が野手や投手に比べて希少であり確保しづらい、という事が挙げられると思います。
      ですので「キャッチャーが固定できてないと~」と言うより、  「キャッチャーが固定できてるチームは強い」と。

      • 藤井彰人さんへ
        藤井さんに対しての質問2つサンテレビさん
        宛てにはがきで郵送しました。

  3. 捕手が多いのも阪神の特色やし、それぞれの個性とリードを生かして、なおかつチームが勝つならいいよ

  4. 鶴岡獲得で“捕手トロイカ体制”誕生 優勝への吉兆か
    http://get.nifty.com/articles/46812.html
    こんな記事もあったね
    それからこんなのも
    鶴岡放出、中村紀洋や金城龍彦への冷遇にメリットなし
    http://get.nifty.com/articles/47702.html

    • あんまり他球団の事を言うと失礼になると思うけど、金城は横浜の生え抜きでチームの功労者でしょ?そんな功労者に対してチームのポスターに写真がないという扱いを見れば、そのチームのレベルがわかる。
      ノリさんも、誤解を招く野球人生だったかもしれないが、あまりのも年俸が安すぎますよ。
      守備範囲は決して広くないけど、卓越した守備は若手野手も見習うべき点があるんじゃないでしょうか?
      休みながら出場すれば、打撃もまだまだイケそうだけどね。

  5. 梅野、小豆畑、清水お前ら三人でおっさん三人を越えて見せろ

    • 守備力を考慮するなら、小宮山も行けるはず。

  6. 過大評価にもほどがある記事だな。
    藤井は思った以上に貢献してるからまだしも、オリックスで正捕手になれなかった日高に、理由はわからないがプロテクトのかかってなかった鶴岡にそこまで期待するのもどうかと思います。
    日高が左投手と相性がいいって、野球全然見てない人の意見ですね。
    長く組んでた榎田は負け越したし、能見、岩田、小嶋などは他の捕手と組んでる。
    まだかろうじて1軍で通用しそうで、年齢も中堅の清水と小宮山を使えよ。

  7. 捕手を固定できればいいけど、同じ捕手だとそのうちリード読まれるかもしれないし、アリっちゃアリかも

  8. 中二日のローテーションや。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298