315673282
- お知らせ -
ファントークライブ

ボイヤー、152キロの直球と切れ味鋭いカーブで2三振!

LINEで送る 8コメント

寝違えで登板回避が続いていた阪神・新助っ投のボイヤーが12日、ウエスタン・広島戦(甲子園)で3度目の実戦登板。八回1イニングを最速152キロの直球と切れ味鋭いカーブで、2三振を含む三者凡退に仕留めた。「(初めての甲子園のマウンドは)投げやすかった。カーブが良かった」。投球内容を札幌ドームで伝え聞いた1軍の中西投手コーチは「あと1、2試合は(ウエスタンで)投げさせる」と、新潟遠征での中日戦(15、16日・三条)での登板を示唆した。

引用元 阪神・ボイヤー、初甲子園で最速152キロ! – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

2013-0613-2
  • いけるのかそうでないのかわからんお人
  • やったぜ。
    調整次第では使えるかもしれんな
  • スプリットが低めに決まればそう打たれんやろ
    球が高めに行かなければ大丈夫
    昨日はコントロールは悪くない印象だった
    ランナーが出たらどうなるか見てみよう
  • クイックがどうたらこうたら
  • ・球はまあ予想通り159なんて出ないだろう
    ・思ったよりコントロールよかった
    ・カーブは結構使えそう
    ・クイックはアカン気がする

    つまり久保コーチを信じろ
  • ゆっくり調整してから上がって来いよ

みんなのコメント
8コメント views
  1. ソラソウヨ

  2. う~ん
    もうひとつ力強さが感じられんかったなあ

    まあ、コントロールては苦労しないようには感じましたが。

  3. ええのとってもうたわ

  4. 久保の代わりの抑え(ボイヤー)も欲しいし打てる野手(コンラッド)も欲しいし外国人枠の問題もあるし優勝を考えたら粋の良い若手のアピールが欲しいね

    坂と野原に期待したけど・・・

    • とりあえず高山6番固定はイカんのか?

  5. 僕、ヒット打ったよ~。犠牲フライも打ったよ~。

  6. ヌウー ライバル シュツゲン ジャ

  7. 来年は、先発かな。

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298