585642992
- お知らせ -
ファントークライブ

阪神、外国人野手3人制を検討。危機感あおり競争意識を高めるため

LINEで送る 0コメント

阪神が来季、危機感をあおって競争意識を高めようと外国人野手3人制を検討していることが3日、分かった。(中略)元横浜(現DeNA)でホワイトソックスのダン・ジョンソン内野手(33)=189センチ、100キロ、右投左打=と、アストロズ傘下3Aのブラッド・スナイダー外野手(30)=191センチ、100キロ、左投左打=を筆頭候補に、新外国人獲得を目指す。

引用元 スポーツ報知





ネット上では次のような声が出ていた。





  • マジで獲るんか?
  • ベイスにさえ切られたやつを獲るのはやめておけ
  • ブラゼルよりジョンソンの方が期待できるのか
  • ジョンソンとブラゼル変わらんやろ
  • ブラゼルの今の使い方じゃ、四球選べて一発があるダンジョンのほうがええな
  • ジョンソンが仮に阪神に行ったとして、ベイがブラゼル獲得という異次元トレードあるで
  • ブラ解雇で和田残留とか暴動起きるで。ブラ解雇すんなら和田も解雇や
  • ジェンとザラテはまた飼い殺しか
  • ジェンが解雇かトレードだな
  • メッセとスタンは当然残留決定やろ?
  • マートンの危機感煽るのはいいけど常に誰か1人はベンチか2軍に置くしかない。高い金払って取った選手干したらコスパ悪過ぎや
  • マートンに危機感って、焦りを生んで逆効果になりそうなんだけど
  • 危機感足りんのはマートンやなくて球団やろw



みんなのコメント
0コメント views

コメント.

コメントはまだありません

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298