65330207
- お知らせ -
ファントークライブ

城島、手術後初の対外試合は2三振「容赦してくれませんでした」

LINEで送る 0コメント

5月に椎間板ヘルニアの除去手術を受けた阪神の城島健司捕手が16日、鳴尾浜で行われたウエスタン・オリックス戦に「4番・一塁」で出場した。術後初めての対外試合だったが「バットに一度も当たらなかったから…。容赦してくれませんでした」と2三振を喫した。

引用元 デイリースポーツオンライン





ネット上では次のような声が出ていた。





  • まともに動けるようになるまで上げるなよ
  • スパイスのことだからあと3試合ぐらいですぐ上げそうだな
  • 城島スタメンで辛いサード戻して良太ライトとか平気でやりかねんからなスパイスは
  • 兄のスタメン落ちあるでw
  • 1塁守備も結構負担あるだろ。あと1年持つかどうかか
  • 引退待ったなし
  • >「4番・一塁」で出場



    4番w 阪神に若手がいないことははっきりしたわ
  • 術後二ヶ月で試合に出られただけで十分
  • 捕手できないならいらんわ
  • 城島いなくなってから阪神はずっと4位以下、今じゃ最下位目前。いなくていいなんて言える身分じゃありませんよ
  • というか、今回も復帰が早すぎるだろ。もうちょっと、じっくり治せばいいと思うんだが。



みんなのコメント
0コメント views

コメント.

コメントはまだありません

↑上再読み込み
↓下再読み込み
コメントを残す
最新記事
21743298